肥満を予防して食事で健康になるには、食べたときの血糖値の上がり方に深い関係があります。

健康法・深呼吸による美容効果とリラックス効果がすごい

肥満を予防する健康的な食事のこと

肥満を予防して食事で健康になるには、食べたときの血糖値の上がり方に深い関係があります。食べたものがからだに吸収されると血糖値がアップします。そして、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され、血液の中の糖分を脂肪に変えて体に蓄積されます。血糖値の上がり方がゆっくりなら、インスリンの分泌が穏やかになります。お腹が減った状態から、炭水化物、ご飯、パンなど糖質が多い食品を食べると、血糖値すぐに上がってインスリンが多く出ます。糖分が脂肪になるだけでなく、血糖値が急激に下がるときに食欲が増してきます。

お腹が減ったときに、ご飯を食べるとおいしくて満足しますが、血糖値のことを考えると、NGです。最初に食べるのは、食物繊維が豊富な野菜からスタートするのが理想で、消化吸収をゆるやかにしてくれて血糖値が上がるのを防ぎます。食べる順番を変えるだけで、血糖値の急激に上がるのを防いで痩せやすい体質になります。食物繊維は噛むのに時間がかかるので、少しの量で満腹中枢が刺激されます。糖の吸収がゆるやかになるので、糖質や脂質の吸収をおさえて、便秘も改善してくれます。

食物繊維が多く入っているのが、野菜、豆類、海藻、きのこ、こんにゃくです。カロリーも低く、ビタミンミネラルも豊富です。野菜は生野菜ばかりではなく、おひたしや煮物も食べましょう。

Copyright (C)2018健康法・深呼吸による美容効果とリラックス効果がすごい.All rights reserved.